プロフィール

bodmoon

Author:bodmoon
現在、妙なことにカナダに滞在中です、現地で映画を見たら完璧なリスニング能力はないけど恐縮ながら感想を書いてみようと思います。

これから独自の視点で主に映画の情報、レビューなどを書いて。映画の素晴らしさを布教していきたいと思います。

リンクフリーなんでご自由にしてください。

Pick up movie
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク(敬称略)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『パンズ・ラビリンス』
パンズ・ラビリンス

PAN'S LABYRINTH (2006/メキシコ、スペイン、アメリカ)
【監督】ギレルモ・デル・トロ
【脚本】ギレルモ・デル・トロ
【出演】イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ


夢見る少女、おとぎ話の国へ

あらすじは、1944年のスペイン。国内で内戦が続いている中、主人公オフェリア(イバナ・バケロ)は内戦で父親を亡くし臨月を迎えた母親と共に山奥の住まいに引っ越す。そこには新しい父親、ビダル将軍(セルジ・ロペス)がいた。しかしオフェリアは冷酷かつ残忍な新しい父親に対して憎しみを抱く。その夜、彼女は自室の部屋で寝ていると、小さな妖精を見つけて後を付けてみると・・・



奇才か変態か単なるオタクかわからないが、ギレルモ先生による作品。

本作もデビルズ・バックボーンと同じ内戦時のスペインを舞台にした話で、主人公も子供である。

もしこの作品が現代を舞台背景にしていたなら多分成立はしなかっただろう。本作が戦時下という暗い状況だからこそ、主人公オフェリア(イバナ・バケロ)は目の前の現実から目を背けるようになり、非現実の世界に救いを求めたんだと思う。

この言い方だと単なる引きこもり的な想像を連想させるかもしれないが、決してそんな事はなく。劇中の最後では彼女は新しい大切な命のために自分の命を放り出すことも厭わない行動にでる。多分それは彼女にとっちゃ何が大事なのかを認識しており、人生を投げ出したいからした、という行動ではなく本心から守りたいという思いでした行動なんだろう。

だからこそ本作は一見不幸な話に見えるかもしれないが、オフェリアにとっては救われた話なんだと思う。

話もさることながら映像もクオリティの高いものに仕上がっており、不思議の国を見事描写している。現実と異質な世界なのだが、何か現実さを思わせるように作られており。まるで夢の世界のように、限りなくリアルだけど限りなくおかしいというように思える。

映像、ストーリー、編集、全てが上手くまとまっており、まさにファンタジー映画の真骨頂とも思える本作。むしろファンタジー映画では無く、映画としても相当レベルの高い本作であろう。
スポンサーサイト
映画 【ファンタジー】 | 【2008-10-02(Thu) 12:25:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。