プロフィール

bodmoon

Author:bodmoon
現在、妙なことにカナダに滞在中です、現地で映画を見たら完璧なリスニング能力はないけど恐縮ながら感想を書いてみようと思います。

これから独自の視点で主に映画の情報、レビューなどを書いて。映画の素晴らしさを布教していきたいと思います。

リンクフリーなんでご自由にしてください。

Pick up movie
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク(敬称略)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『サンセット大通り』
サンセット大通り

SUNSET BOULEVARD (1950/アメリカ)
【監督】ビリー・ワイルダー
【脚本】ビリー・ワイルダー、チャールズ・ブラケット、D・M・マーシュマン・Jr
【出演】グロリア・スワンソン、ウィリアム・ホールデン、エリッヒ・フォン・シュトロハイム


廃れていく大女優、返り咲きを願って・・・

あらすじは、売れない映画脚本化の主人公ジョー・ギリス(ウィリアム・ホールデン)はある日借金取りに追われてとある豪邸に逃げ込む。そこはサイレント映画時代の大女優だったノーマ・デズモンド(グロリア・スワンソン)の住まいだった。彼女は家に迷い込んだジョー・ギリスが脚本家だと知り、彼に住み込みでの脚本の執筆を依頼する。そして奇妙な同居生活が始まり・・・


人々に忘れ去られた女優が過去の栄光を取り戻そうと奮起する本作。

実際にノーマ・デズモンドを演じるグロリア・スワンソン本人もサイレント映画時代に有名になった女優であり、その後、映画に音声が入るようになってから人々の話題から消え去っている役者だ。そんな彼女の人生を映し出すかのようなこの映画はあまりにも洒落になってないといえばなってない。しかし彼女がこの映画に出演しなければここまで後世に伝わる名作にはならなかったと思う。

他にも役者としてサイレント映画時代の名匠エリッヒ・フォン・シュトロハイムが執事役として出演しているが、これもまた迫真に迫る演技だ。彼は劇中セリフが少なく、また長くしゃべる場面もない。しかし何故か強烈な印象を映像越しに与えてくる。本当にサイレント映画を見てるかと思うぐらい、全然喋ってもいないし特別印象を与える演技をやってるわけじゃない。ただいるだけで圧倒的な存在感が伝わってくる。

映画の構成は最初に主人公のジョー・ギリス(ウィリアム・ホールデン)が死体としてプールで浮いていて、そこからナレーション形式で何故自分がこういう状況になったのかを解説するという始まり。

全編奇妙なただならぬ雰囲気を醸しだしていて、デヴィッド・リンチのマルホランド・ドライブはこの映画に対するオマージュだというのもすぐに理解できる。ハリウッドの内部事情やそこに携わる人間関係など・・・

奇妙な映画や人間の内面を扱った映画が好きな人にはたまらなくオススメできるし。また万人にも見てもらいたい往年の名作だ。
スポンサーサイト
映画 【ドラマ】 | 【2008-09-21(Sun) 23:42:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。