プロフィール

bodmoon

Author:bodmoon
現在、妙なことにカナダに滞在中です、現地で映画を見たら完璧なリスニング能力はないけど恐縮ながら感想を書いてみようと思います。

これから独自の視点で主に映画の情報、レビューなどを書いて。映画の素晴らしさを布教していきたいと思います。

リンクフリーなんでご自由にしてください。

Pick up movie
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク(敬称略)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『DEEP BLUE』
ディープ・ブルー



DEEP BLUE(1999/アメリカ)
【監督】レニー・ハーリン
【出演】トーマス・ジェーン、サフロン・バロウズ、サミュエル・L・ジャクソン、LL・クール・J


密室空間でのサメと人間の鬼ごっこ。

あらすじはアルツハイマーを治す薬を開発するためサメにヒトの遺伝子を組み込み、知性を持ってしまい謀反を起こす・・・


最新とまでは全くいかないけど、近代のCG技術で表現されたサメはなかなか見所がある映画。
ところどころCGが荒い箇所があるが、まぁそこはご愛嬌という事にしてもらったらいいだろう。

公開当時もそれなりに認知されていた作品だと思うが、A級を目指した映画というよりは品質の高いB級映画がA級として祭り上げられた感があるような。

特にその理由としては、サミュエル・L・ジャクソン大先生がご出演されてるからこそ品質の高いB級臭を醸し出しているだろう。

御先生はギャラの都合上か物語中盤でいきなり死亡フラグを立たせて舞台から下ろされるのが一番の汚点である。いっそのことサミュエル大先生がサメ達をしとめて万々歳という内容に変更したら間違いなく脚本賞あたりは狙えたと思う。

サメと水の表現はいいけどサミュエル度が足りない映画だと痛感した作品だった。

スポンサーサイト
映画 【アクション】 | 【2008-08-20(Wed) 21:51:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。