プロフィール

bodmoon

Author:bodmoon
現在、妙なことにカナダに滞在中です、現地で映画を見たら完璧なリスニング能力はないけど恐縮ながら感想を書いてみようと思います。

これから独自の視点で主に映画の情報、レビューなどを書いて。映画の素晴らしさを布教していきたいと思います。

リンクフリーなんでご自由にしてください。

Pick up movie
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク(敬称略)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『マルホランド・ドライブ』
マルホランド・ドライブ

MULHOLLAND DRIVE (2001/アメリカ)
【監督】デヴィッド・リンチ
【脚本】デヴィッド・リンチ
【出演】ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング


迷える妄想女のハリウッド狂奏曲

あらすじは、真夜中山道で自動車事故にあったとある女(ローラ・エレナ・ハリング )が助けを求め主人公(ナオミ・ワッツ)の家に迷い込み、そこでしばらく住ませてもらう事になるが、そこから隠された事実が次第にあきらかになっていく・・・



不条理映画というか不可解映画を撮るデヴィッド・リンチ監督の作品。

タイトルのマルホランドドライブは実在する場所でハリウッドを見渡せる山道の道路名である。
この映画はとにかく難解すぎる、一度見ただけで映画の内容を解った人はそうそういないと思われる。

特に前半と後半でナオミ・ワッツとローラ・エレナ・ハリングの立ち位置が変わり、似たような状況だけど明らかに二人の立場が真逆になるのは、観客からにしたら全くわけがわからなくなりそうだ・・・
この映画の構成としては回想、空想、夢のシーンが散りばめられていて、また厄介な事に脈絡もなくそのシーンに突入するから普通に見ているものとしてはずっと同じ(現実)時間軸だと思ってしまう。

上記の厄介なものに加えて、主人公たち以外にも何人かのサイドストーリーなどもあって、それも同じように誰かの空想や夢、または回想と思われるシーンがありこれも説明がないため観客の考えにすべてがゆだねられているように感じる。

映画のジャンルとしてはヒューマンドラマかサスペンスのどちらかだろうが、ある意味ホラー的な要素は強い。特に冒頭の二人組みのレストランでの会話の場面などは個人的にはなかなか怖かったし、全体的な暗くてダークな感じだけど妖しい雰囲気を醸し出している描写はいい物だった。

メインテーマとしては愛を挙げているのだと思うけど、美しい愛というより愛することにより起こる妬みや嫉妬が強く出ている感じ。結局はいくら妄想をしたとしても、それは「たら」「れば」の話であって最終的には現実に戻らないといけないという。

サンセット大通りが好きな人には間違いなく見てもらいたい作品でもあるし、不条理な世界や、愛憎劇が好きな人も見て楽しめるだろう。
スポンサーサイト
映画 【サスペンス】 | 【2008-08-31(Sun) 11:23:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。