プロフィール

bodmoon

Author:bodmoon
現在、妙なことにカナダに滞在中です、現地で映画を見たら完璧なリスニング能力はないけど恐縮ながら感想を書いてみようと思います。

これから独自の視点で主に映画の情報、レビューなどを書いて。映画の素晴らしさを布教していきたいと思います。

リンクフリーなんでご自由にしてください。

Pick up movie
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク(敬称略)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『サイレントヒル』
silent_hill_ver6.jpg

SILENT HILL(2006/アメリカ、日本、カナダ、フランス)
【監督】クリストフ・ガンズ
【脚本】ロジャー・エイヴァリー
【出演】ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン


人々から忘れらた町で起こる魔女狩り騒動

あらすじは、主人公ローズ(ラダ・ミッチェル)は娘のシャロンの奇妙な言動に悩んでいた。シャロンは「サイレントヒル・・・」と不可解な事を言う。ローズはサイレントヒルが実在する町と知り、シャロンと共にそこに訪れるが・・・



コナミから発売されている人気ホラーゲーム、サイレントヒルを映画化にした本作。

近年よく映画化されているゲームがあるが、その中でもかなり原作に対して忠実に製作されているように感じる。
ゲーム自体は殆どプレイはしたこと無いんで相違点などは詳しくはわからないが、舞台や、クリーチャー、話の展開、雰囲気などは見た感じかなり忠実に思える。バイオハザードとかと比べると、あちらは映画とゲームじゃ別物的にしている感じがするが、サイレントヒルにいたっては製作総指揮でもサイレントヒルの開発スタッフの一人の山岡晃が関わっているからか、ゲームのイメージを壊す内容にはなっていない。

ゲームでもある異世界の描写がなかなか見ものであって、現実世界から異世界へと変貌していく様を描写しているシーンは一見の価値は十分にあると思う。単なるクリーチャーのホラー映画というよりかはファンタジー的な要素を持った作品であり、世界観や舞台の雰囲気などは独特に仕上がっててよかった。

あとゲーム映画にしては妙にスプラッター描写が多く、特にラストのシーンなどでは大量虐殺状態になっている。殆どのキャラクターが自分や他人の血にまみれている状態であり、これでPG-12だというのもある意味不思議に思う作品。

原作のゲームの雰囲気が好きな人なら見て落胆はすること無い作品だと思うし、一見さんにも十分楽しめるホラー映画ではあると思う映画だ。
スポンサーサイト
映画 【ホラー】 | 【2008-10-23(Thu) 23:24:32】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

こんにちは。
茶栗鼠は観ていた時、なんだか「娘を守る母親」的な映画を当時見飽きていた気がします。
 それと「サイレン」と「ハウス・オブ・ザ・デッド」の『映画化したゲーム』という先入観があって、しかも原作をある程度しっているから、あまり素直になれませんでした。
 ですがかなり、世界観やグラフィックにぐっときました。イメージどおりです。
 でも、最後あれは不可解な気がしますネェ。 
 原作みたく、ちょっと長回しで、遠のいていってもらえればよかったんですがねぇ。
 それと、全面的にもうR-18ぐらいですよね^^
2008-10-26 日 00:52:21 | URL | 茶栗鼠 #- [ 編集]

こんにちわ。

世界観とヴィジュアル面はゲーム映画の中じゃかなり忠実にしていると思いますね。

映画の最後は解りづらい、結局主人公と娘はサイレントヒルの世界から抜け出していないで、現実世界とは隔離された世界に留まったという事なんかな?

レーティングはホントわからないんもんだ。最後の少女が大量虐殺したり女性の方がやたら死んでる映画だし・・・

元のゲーム以上にスプラッタ描写が多いと思うのにゲームのレーティング以下って言うのは矛盾を感じますね。
2008-10-26 日 23:42:57 | URL | bodmoon(管理人) #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。